ユーブライドの評判

女性・男性

結婚する時には両者の気持ちが最も優先されるべきですが
しかし、例えば生きていくのに必要なお金の存在なども無視することはできません。
結婚する際に必要なお金は一体どれくらいなのでしょうか。

 

まずは結婚式や披露宴などを行う費用が必要となります。
新婚旅行を行う、両家顔合わせを行う時にもやはりお金は必要になってきますよね。

 

結婚・婚約指輪を購入するお金も必要です。
そういった一時的に行われるだけではあるが
大きなお金が動くイベントのための費用を結婚前にちゃんと貯金しておかなければなりません。
これには大体400万円から500万円かかると言われています。

 

その半分ほどは祝儀で確保でき、あるいは親からの多少の援助もあると考えると
この類いのためには200万円程度のお金があれば、まあ、安心できるでしょう。

 

新しい生活を始めるには家を借りたり家具や電化製品を揃えなければなりませんが
これには大体1組のカップルで100万円ほど必要とされています。

 

ここまで合計で300万円。あくまで一般的な金額なので
例えば式を挙げない、親と同居などを選択すれば、ここまでのお金は必要となりません。

 

実際に貯金がほとんどないのに結婚するカップルも
今では珍しくないようです。ある調査では1人100万円ほどの貯金で
結婚する人たちが多く、それでも仕事をしていれば
その後の生活には特に困らないとする意見が多々見られます。
貯金はあればあるほど安心ですが、結婚するふたりにとってはあまり関係なのかもしれません。

女性の婚活

結婚は苦労の始まりと言われることがあります。しかしこれは全ての人に当てはまるわけではありません。
結婚した後も幸せで、特にストレスもなくそのまま老後を迎える人たちも
多く存在しているでしょう。そういった人たちと「失敗した」と思ってしまう人の差はどこにあるのでしょうか。
もしひとつだけ挙げるとすれば、それは「人選」です。

 

まだ結婚していない人は、結婚後に起こり得るだろう苦労を
一通りピックアップしてみてください。男性と女性で異なってくるとは思いますが
会話がなくなる、子供の世話の問題、両親の問題、仕事の問題
お金の問題、価値観の相違など、ちょっと考えれば10や20は簡単に出てくるはずです。

 

そして、それぞれの問題を抱えないためには、あるいは抱えたとしても
それを乗り越えるためにはどんなことが必要なのかを考えていきます。
その上で、その必要な要素を持った人を結婚相手として選ぶようにする、そうすれば苦労することはなくなるでしょう。

 

と、簡単に言ってもこれが実に難しい。だからこそ人を見極める能力を
若い内から養っておく必要があるのです。好きな気持ちは大事ですが
それだけで一緒になると後が大変。苦労したくないのであれば
好きな気持ちよりも、あらゆる困難を一緒に乗り越えていける人を選ぶようにしてください。
その方が長期的に考えれば、幸せになれる可能性が高くなるはずです。

結婚したい

ユーブライドは比較的良い口コミや評判が多いようですが
結婚に憧れる、いずれは結婚したいと思っている。こんな人が大半ではないでしょうか。
人生の中で一度も結婚を意識したり憧れたりしない人はかなり少ないはずです。
ということは多くの人が結婚というものにメリットを見出しているということですよね。
少なくとも婚姻届を出して一緒に生活を始めるまでは、デメリットなどないと思っているはずです。しかしあるんです、結婚にもデメリットが。

 

自由に使えるお金が極端に減る、これはとても大きな問題。
女性がお財布を握ると男性はお小遣い制となり、その少ないお小遣いの中で
やりくりすることを求められ、パーッと遊ぶことはできなくなることが多い。
女性も服やバッグなどを気軽に買うことが難しくなります。

 

お金とともに減るのが自分の時間。趣味に没頭する時間やひとりで
あれこれ考える時間が取りにくくなるため
自分の時間を大切にするタイプの人はそもそも一般的な結婚生活には向かないのかもしれません。

 

人間関係も独身の頃と比べて面倒になります。結婚相手との関係はもちろん
その家族との関係も疎かにはできません。

 

ご近所付き合いもきっと結婚後の方が密になるでしょうし
子供ができればさらにそれは複雑化していくでしょう。
こんなデメリットがあることを知った上でも結婚したいと思うかどうか
今一度自分に問い直してみてもいいのかもしれません。

 

婚活サイトは無料のところなども多々ありますが、やはり婚活だけが結婚までの道ではありません。
ここでは一般の方の、出会いから結婚までをご紹介致します。

 

主人とは、大学時代に同じ学部で知り合いました。
たまたま最寄りの駅が一緒で、朝駅のホームで会うことが多く、
「あはよう」とあいさつを交わし、そのまま向かう先は同じだったので、
自然と一緒に通うようになっていました。
しかし待ち合わせをしているわけではなく、同じ時間の電車に乗り組み、同じ方向へ向かうというだけのことです。

 

しかし、私にはその当時、おつきあいしている男性がおり、
あくまでクラスメートとして接していました。
毎日電車とバスで同じ時間を共にしていても、嫌ではなかったし、
話すことがなくなって困ることもなく、主人とは昔からの友人のように、
気兼ねなく話すことできました。

 

それから1年が過ぎようとしていたときに、急に主人から「好きです。」と告白されました。
そんな素振りは一切見せてなかったので、大変驚きました。
もちろん私には彼氏がいたので「ごめんなさい。」と言いましたが、
主人は、彼がいるのはわかっていたけど、自分が前へ進むためのけじめとして気持ちを伝えただけだから、
今まで通り友人でとのことでした。

 

しかし、やはりそこはけじめをつけるといった主人は、少し私と距離を置くようになりました。
例えば朝の電車をずらして一緒にならないような日も出てきたのです。
私はなぜか寂しくて、不安になりました。
そこで、私は主人のことが好きなのだと気付いたのです。
それから彼氏とは別れました。
そのまま一年年月は過ぎ、今度は私が主人に告白しました。
主人からはOKをもらい交際をスタートしました。

 

大学を卒業して10年が過ぎましt。
その間一度も別れようと思ったこともありませんが、結婚願望もお互い強い方ではなかったので、
彼が就職のために地元を離れるときも、ついて行こうとか、結婚しようという考えにお互い至らず、
お互いのやりたいこと、仕事を優先させました。
30歳を目前に主人から、初めてデートした場所に突然連れてかれ、プロポーズを受けました。
そして私たちは結婚しました。

 

長い長い交際期間を経て、でもずっと一緒にいるだろうなという気がしていました。
燃え上がるような恋愛ではなかったけれど、居心地よくて、
家族の前でいる自分と同じ自分で、主人の前では自然体でいられました。
古い友人のような関係は今も変わらず、穏やかな時間を過ごしています。
ごくごく自然に結婚へ向かいました。でも主人と出会わなければ、
私は結婚していなかったのではないかと思います。

 

ちなみに婚活サイトは使ったことがありません。

婚活に挑んでも次々と失敗する人が続出しているようです。
その理由は色々とあるでしょうが、最も顕著となっているのが、「高望み」です。

 

つまり、理想の結婚相手を望みすぎてしまっているわけですね。
だから自分に興味を持ってくれる人が現れても、「私のタイプとは違う」と考え
その人と発展する機会を自ら断ってしまい、結局失敗に至ってしまうというスパイラルに陥るわけです。

 

そもそもあなた自信は人をそんなに品定めできるほど立派な人なのでしょうか。
あなたにアプローチしてきてくれている異性は、もしかしたら妥協の末に
あなたに声をかけているのかもしれません。
そうは思いたくないでしょうが、そういう可能性もなきにしもあらずなのです。