婚活と顔合わせ

婚姻届

結婚する時には色々なことを経ていかなければなりません。
お互いに結婚する意志を持ち、婚姻届にサインをして押印をして役所に提出する
これで婚姻関係が結ばれたことにはなりますが
こういった手続き以外にも結構面倒な作業が多々待っているのです。

そのひとつが顔合わせ。これは両家の、ほとんどの場合は当人の親や兄弟が一堂に会し
「これからよろしくお願いします」という挨拶を交わす目的のために催されるもので
必ず行わなければならないわけではありませんが
必ず行うものだと思っている人や家もまだまだ多いため
婚姻届を出す前に親などに相談しておく必要があるでしょう。

数ヶ月前

結納を行う家は減ってきているかもしれませんが、それでも顔合わせを全くせずに
結婚するのは難しいのが現状。とは言っても
お互いの家の人間がちょっとしたお店に集まって和気あいあいと食事をして
それを両家の顔合わせとするといった、フランクなパターンも増えてきています。
一般的には、式や披露宴を行う場合、その半年前から数ヶ月前までに
お互いの家の両親が顔を合わせる場を設けるようにします。
予定が合うのが大前提ですが、堅い家柄の場合には縁起の悪い日は選ばないように気を遣わなければなりません。
他にもお店のジャンル、料理の好き嫌い、服装、手みやげ、会の流れなど
気にしなければならないことは山ほどありますが
これを乗り越えることでギクシャクしない関係を築くことができますから
時間とお金をかけ、そして気持ちを入れつつ行うようにしましょう。

婚活と理想のタイプ

大事なことは、その場の雰囲気、そしてそこにいる異性のタイプ
あるいは気になる異性のタイプによって自分の雰囲気やタイプも変えること
それらに合わせていく工夫をすること。そうすれば異性から見て魅力的な人になれるはずです。

婚活と顔合わせ関連ページ

結婚活動の失敗
やはり何事も上手くいくとは限りません。婚活成功の道は険しいと感じさせられる場合もありますから注意が必要ですね。