婚活と40代

結婚できなかった

男性も女性も、40代という年代を考えると、結婚適齢期を逃していることは否めません。
しかし、だからといって結婚を諦めるのはまだ早い。
やり方次第では十分結婚することができるはずです。もし焦っているのであれば、今すぐ婚活をスタートさせてみましょう。

40代の方がまず考えなければならないこと、それは高望みしないこと。

今の夫と出会ったのは、私の友人の夫の職場の方との合同コンパです。
元々、男性陣の中に年齢が高い方がいて、その方に彼女を作ろういうのが男性陣の目的であったそうです。
今の夫はその男性を持ち上げようと一生懸命に気を利かせて話をふったり、盛り上げてくれていました。そんな夫に気がつけば興味を持ち始めていました。
私の方から連絡先を聞き、後日遊びに行くことになりました。元々、アウトドアの私と趣味が合うようで
会話は盛り上がり、次の約束を取り、また、次会ったときには、その後の約束を取りと、とても楽しくお付き合いができる方でした。

 

付き合い始めたきっかけはバレンタインです。チョコレートを渡した私に、これは本命だよね。と笑顔で言う夫に、ドキドキしながら本命だよと答えると、嬉しそうに一番欲しかったんだよ。と、言われました。男性からストレートに言われたことがない私は顔が真っ赤になり、夫に笑われてしまいましたが、とても嬉しくなったことを覚えています。

 

結婚を決めたのは付き合って三ヶ月後です。いわゆるスピード結婚ですね。私の誕生日、夫に話していた、誕生日にしてほしいなぁと思うことを全て実施してくれました。ミュージカルの鑑賞、東京タワーが見えるホテルでの一泊する。元々、東京出身の私はわざわざ東京のホテルに泊まることはありませんでした。でも、一度でいいから大好きな人と東京のホテルに泊まりたい。都市伝説ですが、東京タワーのライトが消える瞬間を見たカップルは一生幸せになれるというのをやりたい。

 

それを今の夫は叶えてくれました。残念ながら、東京タワーのライトは点検日の様で夜12時にライトが消えることはありませんでしたが、これもいい笑い話となっております。その日に夫からプロポーズされました。ドラマでよくある指輪はありませんでした。夫もゆくゆくは結婚したいと思ってくれていたようですが、私の喜びように言葉に出てしまったようです。そこからは話が早く、両家での顔合わせ、結婚式の準備と話どんどん進んでいきました。子供を授かり、残念ながら結婚式は実施できませんでしたが、今もとても幸せに過ごせてます。

婚活をするなら、趣味の共有を一番に考えてみましょう。そうすればお付き合いもスムーズに進み
そこから結婚まで一気に急加速することも夢ではありません。
一目惚れ、そうして好きになることも大事かもしれませんが
結婚は何十年も一緒にいるわけですから、趣味の共有なくして結婚なんてできないはずです。
アウトドアが好きな人にオススメのが、それを趣味にした人ばかりが集まる婚活イベントです。