婚活サイト 無料

婚活ランキング

婚活サイト無料ランキングへご訪問いただきありがとうございます。
このホームページでは無料でご利用できる安心の婚活サイトをご案内させていただきます。

 

怪しい婚活サイトや利用すべきでない婚活サイトもございますので
そういった知名度の低いサイトの利用はくれぐれもなさらないようお気をつけ下さい。

 

ユーブライド
≪安心のLINEが運営!年間1500組以上が誕生!≫

婚活サイトの中では運営年数が長いので安心できます。
まずはお試し無料登録からスタートさせ、無料でも多くの機能が利用可能です。
またユーブライド利用者の情報交換の場『恋愛相談、婚活応援Q&A』では
要注意人物の情報共有ができたりするのでそういう注意すべき人物が排除されています。
写真公開は全体公開、非公開、特定者のみなどプライバシー面の配慮も有り。
それだけではなく、お断りしたい拒否機能もあり、長年の実績があるからこその
細かい設定が豊富で最も安心できる婚活サイトといっても過言ではないでしょう。

ブライダルネット
≪国内最大級の婚活サイト!≫

ブライダルネットはお相手を見つけやすくするようSNSタイプのようなサービスが充実。
プロフィール作成や検索機能、日記機能などがあるため多くの方を探すことが可能です。
ブライダルネットはソーシャル婚活という他社とは異なるサービスを展開しており
ご自分の好きな場所や興味のあることを先に全体に告知することで
興味のある人がつながり合えるという、共通点でマッチングができます。

マイナビ婚活
≪出会いのチャンスは最大級!≫

人材のプロであるマイナビが運営する、社会人専用の婚活サイトです。
イベントに参加できるのは、「20歳以上」「独身」「社会人として働いている」という3つの条件を満たしている方のみ。
1対1で着席・ゆっくりお話したい方にぴったりな「お見合パーティ」
ドリンクやお料理を片手に異性全員とお話できる「婚活パーティ」
ボーリングやランニングなどのアクティビティを一緒に楽しんだりお食事と共に自由に交流する「恋活パーティ」など
希望に合わせたパーティーを開催中。

 

男性も女性無料サイト

婚活に取り組んでいる方は、当然良い出会いを見つけ結婚までこぎつけたいと思っているはず。
でもなかなかそれができないと悩む人も多いでしょう。
婚活疲れなんて言葉も出てきているほど、当初思っていたように上手くいかないと悩むケースもあるようです。

では、どうすれば婚活を成功させることができるのか?
婚活で成功させる為には、細かく言えば個々で違いが出てきますが
基本的に結婚は意識の問題です。
どこを重視するのか、どこを妥協するのか、相手が求める要素、資質を有しているかが大きなポイントとなってきます。

 

当然女性が結婚相手に求めるものは安定した収入、経済的な安心でしょう。
しかし収入が安定しているからといっても、人生は何が起こるか分からないもの。
旦那さんが病気になったり、予期せぬことが起こったり…。
結局重要なのは、色々なことがあっても乗り越えていってくれそうな男性がベスト。

 

安定した職業についていても、弱い男性であれば、将来左遷させたり
或いは、階段を転げ落ちると、なかなか立ち直ることが出来ず苦労させられることもあるでしょう。

 

ですから男性を見極める目が必要であり、ご自分がここがいい、あそこがいいということではなく
そういう意中の男性が求めているものを身につける努力も必要になるかもしれません。

出会える婚活

オタク婚活なるものが出てきているそうです。オタクと聞くと暗いものをイメージするかもしれませんが
実際にはそうとは限りません。

もちろんそういったイメージの人が出会いを求めて集まるイベントもあるかもしれませんが
好きなものに没頭していればそれはオタクと表現できるため、決して暗いイメージだけのイベントではないようです。

 

鉄子と呼ばれることがある鉄道に夢中の女性、宇宙(そら)ガールと呼ばれる天体観測に魅了されている女性
歴史好きな女性(歴女)だって立派なオタクではないでしょうか
そういった人たちと、やはり同じものに興味を持っている男性が集まれば
それはオタク婚活となり、しかも趣味が同じであることから
会話も弾み、恋愛や結婚に発展してもおかしくはありません。

 

何かに夢中になりすぎているから結婚できない、それは言い訳に過ぎず

だったらその趣味が活かせるような結婚活動を積極的に行うべきです。

そうすれば結婚後もずっとその趣味を楽しみながら幸せな家庭を築くことができるでしょう。
アニメ、漫画、ゲーム、工場、コスプレ、フィギュアなどなど、今は男女ともに必ず好きな人がいますから
そういった人が集まるイベントをネットなどで探し出し、参加してみてください。

 

商店街や街ぐるみで合コンを行う街コン。
これは通常の合コンよりも、カップル誕生を目的に開催されていることが多く
若い人が気軽に参加できる婚活のような位置づけになっているケースが主流のようです。
参加者は数百人規模にのぼることもあり、その地域にある飲食店が協賛をし
参加者はその飲食店で異性と食事をしつつ会話をして関係を深めていく
自分に合っていると思われる異性と交流を作り出す、というのが一般的な街コンのシステムになっています。

 

友達同士で参加することができるため、通常の婚活よりも異性と関わりやすいのが特徴。

 

しかし、その反面、問題点も指摘されています。街コンの中には計画性に乏しく
参加者が少ないまま開催してしまうため、思ったような出会いに繋がらなかったというトラブルもあるのです。
ただ飲食店を解放しているだけで、あとは参加者の自由に、というスタンスでは参加者の行動力がものを言うので
内気な人や消極的な人は、より計画性が高く評判の良い街コンに参加した方が成功率は上がるでしょう。

 

条件が限定されている街コンも増えてきています。20代限定、社会人限定
アラサー限定、住んでいる場所限定など多々あるので
自分にマッチしているものを選択することも重要になってきています。

結婚と年の差

年の差結婚がワイドショーをしばしば賑わせていますが
一般社会でも年の差があるにもかかわらず結婚するカップルが増えてきているようです。
年上、あるいは年下のパートナーを選択するメリットはどこにあるのでしょうか。
そしてデメリットはないのでしょうか、考えてみましょう。

 

結婚をメリット・デメリットで考えるのはあまりよくないかもしれませんが
勢いだけで結婚しないことが長続きするひとつのコツ。
冷静になって年齢について考えてみるべきだと思います。

 

まずはメリット。年上の人には思う存分甘えられる傾向があります。
甘えたがりの人は落ち着くことができるでしょう。
年上のパートナーは頼りにもなりますから、精神的に随分と楽に感じることが多いようです。
逆に年下のパートナーはとてもカワイイ。同年代の人では許せないようなワガママも
年下だからこそ許してしまう、そんな可愛らしさを持っている
年下の異性を見つけることができれば、ハッピーな生活を長く続けることができるかもしれません。

 

デメリットはどうでしょうか。ジェネレーションギャップは避けることができないでしょう。
共通の話題が同年代の人よりも乏しくなる傾向があるため
話し好きの人は要注意。年上のパートナーを選んだ人は
その人に先立たれる可能性も考えておかなければなりません。
年の差にもよりますが、短い結婚生活になることも覚悟しておきましょう。

婚活をして結婚する理由

結婚のための活動を始めたり、人から「結婚しないの?」なんて言われたりすると
そもそも結婚する理由って何?なんて思ったりするものです。
結婚は地獄だ、なんて言葉を耳にする機会は決して少なくはなく

 

そういった人が周囲にいる人であれば
なおさら婚活サイトを利用して結婚というものに価値を見出せないのではないでしょうか。

 

それでも良い点が多々あるからこそ、みんな結婚するわけです。

 

多くの人が見出す結婚する理由は、好きな人と一緒にいたいという
いつまで続くかはわからないけれども、しかし確かに
心の中に存在する強い気持ちがあるからなのではないでしょうか。

 

あるいは安心感を求めているのかもしれません。
誰かと一緒にいたいと漠然かもしれませんが思ったり
自分が精神的・肉体的不調に陥った時に頼りにする人がいたら
助かるという気持ちも結婚を望む理由として考えられるでしょう。

 

それと同時に経済的なメリットや、それ以外のサポートを求めて結婚する人もいると思います。

 

そして結婚をすると実際にそれが得られる可能性が高い。
長期的に見れば思ったような結婚生活にはならないかもしれませんが
そういった求める気持ちが結婚する理由の核になることは間違いないでしょう。
結婚が本当に必要かどうか迷ったら、理由を突き詰めてみるべし。
そこにメリットが見出せないのであれば、無理に結婚する必要はないのかもしれません。

婚活をスタート

こうすることが、婚活をスタートさせた後に出会った異性を丁寧に分析し
良い相手を捕まえることに繋がるのです。
少し機械的で生涯の伴侶を見つける作業としては適していないのかもしれませんが
しかし婚活者が結婚を成功させるにはこういった手法をとるのがベターでしょう。

 

この作業で大事なことは、相手に求める条件をしばしば見直すことです。
婚活を始めると徐々に「私にしては理想が高過ぎたかな?」とか
「こんな条件の揃った人なんていない」と思い始めます。そうなれば優先順位を入れ替える
もしくは妥協できる条件を消し去る作業を行い
再びそれに近い相手を見つけるよう行動します。

 

婚活はただ闇雲にやっていてもダメ。目的意識を持ち
ハンターのような感覚で異性を探す
この計画性と戦略性が良い出会いを運んでくると理解しておきましょう。

 

次第に、「異性は結婚相手にこんな条件を求めているんだ」ということにも気付き
それに近づく努力をすることで、自分のスペックを高めていくことにも役立ちます。

出会い系ではない

最近の男性、女性共に婚活サイト、いわゆるネット婚活の利用者が増加しているようですが、そもそも婚活サイトはどういう出会いの場所かと言いますと
「出会い系」とは違います。

サクラに注意

どうしてもチャラい出会いと非難する方がいますが、そういう方は婚活パーティーなどを利用されていないと言って良いでしょう。
ただ婚活サイトを利用して本人確認を必要としないサイトなどは、やはり登録男性も決して良いとは言えないところが多く
女性の審査も行き届いていない為に、やらせ、サクラも多いので、そういった婚活サイトは注意が必要というよりも無料であっても登録しない方が良いですね。

 

当サイトに掲載している企業、会社は信頼できる婚活サイトで無料会員登録、無料利用可な優良、安全サイトのみですのでご安心下さい。

見たことのある女性(またはその女性にとてもよく似た女性)を職場で見かけた。
その女性はその職場に勤務している人ではなく、外部の取引のある会社の社員としてその職場に来ていた。
でも私の知っている女性と同一人物であれば、その人は同じ会社の社員だったはず。
私もその人と数回仕事でやりとりしたことがあり、少なからずその女性に行為を寄せていたが
残念ながらその自分のその思いを伝えることが出来ぬままになっていた。

 

そしてその私が知っている女性は私が東京から大阪に転勤する数年前に結婚した後一身上の都合で会社をやめていたはずである。
どうして・・・?

 

職場の友人から仕入れた情報によると、彼女は会社を辞めた後、専業主婦になったが、数年後に離婚して実家に戻ったらしい
ということと、今は実家を出て一人暮らしをしており、当社と取引のある会社に勤務しており、時折
ウチの職場にも仕事の関係で現れるということらしい。
なるほど、そういうことだったのか、ならば私の知っている女性とおそらく同一人物だと思われ、先方が私の顔を忘れていない限り
再会→昔話を切り出して、というアプローチも成立するかもしれない。 と思いが浮かび、数日間それを実行するかどうか思いをめぐらした。

 

12月も20日を過ぎ、職場にいると彼女が現れた。
さりげなく近づき、突然気がついたように声をかけた。 「あれ? ○○さん!?」
無効も一瞬面食らったようだが、しばらくして私のことを思い出してくれたらしく、「△△さんじゃないですか、久しぶりですね〜♪」
との返答で、そこからややしばらく昔話で盛り上がった。 もしかして脈があるのかも。。。。
思い切って「今度の週末、二人で夕飯食べに行きませんか?」と声を掛けた。 今度の週末はクリスマスイブである。
脈が無ければ用事があるから、とか何かと理由つけて断られるだろうと、逆にOkならば。

 

返事は「いいですよ♪」
無効も少し前から大阪から東京に戻ってきていた私を見つけていたらしい。

 

その週末は彼女とクリスマスデート、彼女との交際の始まり、今の私の奥さん。
結婚したのはこのクリスマスデートから1年後。
作り話のような本当の話です。

最近は婚活サイトがどんどんサービスを展開しておりますがどこもすごく大手企業がいるような感じですね。
私たちの出会いは、会社です。
お互い転職での途中入社で、私の方が半年ほど先に入社し、遅れて入社した彼が同じ部署に配属になりました。お互い、営業職です。
実は、彼は最初、違う部署に配属予定だったようです。しかし、私の部署の方が急きょ退職してしまい
その方の担当先を私が一時的に受け持っている状態だったので、その分を彼に引き継いでから、もともと配属予定の部署に移ることになったようです。期間限定の配属でした。

 

年齢は彼の方が上でしたが、社歴は私の方が長かったので、仕事の流れと担当先企業を彼に引継ぎするために1か月ほど、一緒に同行していました。
その時は、お互いに付き合っている方がいたので、とくにプライベートの連絡先を交換することなく、引継ぎを終えて、別の部署になりました。

 

そのあと1年ほどは、会社内のフロアーも違ったので、たまに社内で会えば、近況を軽く話すぐらいの間柄でした。

 

出会ってから1年半ごろたち、私が仕事がつらく退職を決め、社内の同僚がかわるがわる送別会を開いてくれているところに、彼も来ました。
その時は彼はフリーで、私にはまだ付き合っている方がいました。でも、退職した後も、また遊ぼうと連絡先を交換しました。
ほどなく、もともとうまくいっていなかった恋人とは、お別れしました。しばらく、誰とも付き合いたくないという気持ちでした。

 

彼に対しては、家の方向も同じでよく飲み会の帰りに一緒に帰りはしますが、完全に友人という気持ちでした。

 

結局、私は、私の上司から営業職から別の仕事にかえるから会社に残らないかと誘いを受け、事務職で同じ会社に残ることになりました。
彼は、その時、仕事が大変で、毎日ぐったりしていました。
私は、また社内の同僚たちが「残ることになっておめでとう。またよろしくね」的な飲み会を開いてくれるので、励ます気持ちで、彼を飲み会に誘いました。
その帰りは、また、帰る方向が一緒の為、仲良くなっていきました。
そのうち、休みの日は何してるのという話から、お互いパートナーもおらず暇だったので、デートすることになりました。

 

3回目のデートのあと、付き合ってほしいと言われました。社内恋愛は禁止ではありませんでしたが、なんとなくやりにくいので、みんなには秘密でした。

 

私は一人暮らしで、私の駅の10個ほど先に彼の駅があったためか、だんだん彼が自宅に帰らず、私の家に泊まりに来るようになり、ほぼ同棲になりました。
半年ほど続けたら、もう結婚してもいいのではと思うようになり、プロポーズもないまま、結婚することになりました。

 

会社の人は、「あの2人、仲がいいんだから、付き合っちゃえばいいのに」なんて言われていましたが
まさか本当に付き合っていて結婚することになったと知って、みんなびっくりしていました。

婚活サイトは無料のところなども多々ありますが、やはり婚活だけが結婚までの道ではありません。
ここでは一般の方の、出会いから結婚までをご紹介致します。

 

主人とは、大学時代に同じ学部で知り合いました。
たまたま最寄りの駅が一緒で、朝駅のホームで会うことが多く、
「あはよう」とあいさつを交わし、そのまま向かう先は同じだったので、
自然と一緒に通うようになっていました。
しかし待ち合わせをしているわけではなく、同じ時間の電車に乗り組み、同じ方向へ向かうというだけのことです。

 

しかし、私にはその当時、おつきあいしている男性がおり、
あくまでクラスメートとして接していました。
毎日電車とバスで同じ時間を共にしていても、嫌ではなかったし、
話すことがなくなって困ることもなく、主人とは昔からの友人のように、
気兼ねなく話すことできました。

 

それから1年が過ぎようとしていたときに、急に主人から「好きです。」と告白されました。
そんな素振りは一切見せてなかったので、大変驚きました。
もちろん私には彼氏がいたので「ごめんなさい。」と言いましたが、
主人は、彼がいるのはわかっていたけど、自分が前へ進むためのけじめとして気持ちを伝えただけだから、
今まで通り友人でとのことでした。

 

しかし、やはりそこはけじめをつけるといった主人は、少し私と距離を置くようになりました。
例えば朝の電車をずらして一緒にならないような日も出てきたのです。
私はなぜか寂しくて、不安になりました。
そこで、私は主人のことが好きなのだと気付いたのです。
それから彼氏とは別れました。
そのまま一年年月は過ぎ、今度は私が主人に告白しました。
主人からはOKをもらい交際をスタートしました。

 

大学を卒業して10年が過ぎましt。
その間一度も別れようと思ったこともありませんが、結婚願望もお互い強い方ではなかったので、
彼が就職のために地元を離れるときも、ついて行こうとか、結婚しようという考えにお互い至らず、
お互いのやりたいこと、仕事を優先させました。
30歳を目前に主人から、初めてデートした場所に突然連れてかれ、プロポーズを受けました。
そして私たちは結婚しました。

 

長い長い交際期間を経て、でもずっと一緒にいるだろうなという気がしていました。
燃え上がるような恋愛ではなかったけれど、居心地よくて、
家族の前でいる自分と同じ自分で、主人の前では自然体でいられました。
古い友人のような関係は今も変わらず、穏やかな時間を過ごしています。
ごくごく自然に結婚へ向かいました。でも主人と出会わなければ、
私は結婚していなかったのではないかと思います。

 

ちなみに婚活サイトは使ったことがありません。

今の夫と出会ったのは、私の友人の夫の職場の方との合同コンパです。
元々、男性陣の中に年齢が高い方がいて、その方に彼女を作ろういうのが男性陣の目的であったそうです。
今の夫はその男性を持ち上げようと一生懸命に気を利かせて話をふったり、盛り上げてくれていました。そんな夫に気がつけば興味を持ち始めていました。
私の方から連絡先を聞き、後日遊びに行くことになりました。元々、アウトドアの私と趣味が合うようで
会話は盛り上がり、次の約束を取り、また、次会ったときには、その後の約束を取りと、とても楽しくお付き合いができる方でした。

 

付き合い始めたきっかけはバレンタインです。チョコレートを渡した私に、これは本命だよね。と笑顔で言う夫に、ドキドキしながら本命だよと答えると、嬉しそうに一番欲しかったんだよ。と、言われました。男性からストレートに言われたことがない私は顔が真っ赤になり、夫に笑われてしまいましたが、とても嬉しくなったことを覚えています。

 

結婚を決めたのは付き合って三ヶ月後です。いわゆるスピード結婚ですね。私の誕生日、夫に話していた、誕生日にしてほしいなぁと思うことを全て実施してくれました。ミュージカルの鑑賞、東京タワーが見えるホテルでの一泊する。元々、東京出身の私はわざわざ東京のホテルに泊まることはありませんでした。でも、一度でいいから大好きな人と東京のホテルに泊まりたい。都市伝説ですが、東京タワーのライトが消える瞬間を見たカップルは一生幸せになれるというのをやりたい。

 

それを今の夫は叶えてくれました。残念ながら、東京タワーのライトは点検日の様で夜12時にライトが消えることはありませんでしたが、これもいい笑い話となっております。その日に夫からプロポーズされました。ドラマでよくある指輪はありませんでした。夫もゆくゆくは結婚したいと思ってくれていたようですが、私の喜びように言葉に出てしまったようです。そこからは話が早く、両家での顔合わせ、結婚式の準備と話どんどん進んでいきました。子供を授かり、残念ながら結婚式は実施できませんでしたが、今もとても幸せに過ごせてます。

婚活に挑んでも次々と失敗する人が続出しているようです。
その理由は色々とあるでしょうが、最も顕著となっているのが、「高望み」です。

 

つまり、理想の結婚相手を望みすぎてしまっているわけですね。
だから自分に興味を持ってくれる人が現れても、「私のタイプとは違う」と考え
その人と発展する機会を自ら断ってしまい、結局失敗に至ってしまうというスパイラルに陥るわけです。

 

そもそもあなた自信は人をそんなに品定めできるほど立派な人なのでしょうか。
あなたにアプローチしてきてくれている異性は、もしかしたら妥協の末に
あなたに声をかけているのかもしれません。
そうは思いたくないでしょうが、そういう可能性もなきにしもあらずなのです。

 

婚活に失敗してしまった時、どんな思いを巡らせていますか?「ダメだな、あの人」なんて思ったりしていませんか?
そういった人は失敗を繰り返す傾向があります。
婚活失敗は自分を見直すいい機会であると捉えましょう。
失敗してしまった原因は自分にあるはずで、どこを改善すれば今度こそは成功するのかを考えることが大切です。

不倫って既婚男性がするものというイメージが強いですけど
最近では既婚女性でも多くの人がそういったことをしているようですね。
実際にデータとしても出てきているようで
ある探偵事務所では不倫調査を依頼する人の半分近くが男性なのだそうです。
これは性別関係なく、結婚していればそういった恐怖というか悩みというか、尽きないのかもしれません。
今も少し挙げましたが、不倫調査と言えば探偵事務所を頭に思い浮かべる人が多いでしょう。

不倫映画と言えば何を思い浮かべるでしょうか。多くの人は「失楽園」を挙げると思います。
名作ですし、公開当初はかなり話題になりました。未だにこの映画を話題にして
会話を楽しむ主婦も多いようですから、その影響力が非常に大きかったことがうかがえます。
他には例えば「愛の流刑地」や「夜明けの街で」、「不倫純愛」といったストレートなタイトルのものもあります。

こういった不倫映画には大抵性描写が描かれているもの。

しかしこれらにハマるのはその多くが主婦のようです。女性は現実逃避への願望が強いといいますから
それがこういった映画へ向かうのはなんとなく理解できますね。

婚活をするなら、趣味の共有を一番に考えてみましょう。そうすればお付き合いもスムーズに進み
そこから結婚まで一気に急加速することも夢ではありません。
一目惚れ、そうして好きになることも大事かもしれませんが
結婚は何十年も一緒にいるわけですから、趣味の共有なくして結婚なんてできないはずです。
アウトドアが好きな人にオススメのが、それを趣味にした人ばかりが集まる婚活イベントです。

結婚する時には色々なことを経ていかなければなりません。
お互いに結婚する意志を持ち、婚姻届にサインをして押印をして役所に提出する
これで婚姻関係が結ばれたことにはなりますが
こういった手続き以外にも結構面倒な作業が多々待っているのです。

マッチドットコム

恋活・婚活サイトのマッチドットコム(mach.com)は、大手サイトであり会員数も非常に多いのが特徴で、年齢層も広いサイトです。
マッチドットコムの登録は無料ですがお付き合いしたいという方に対してメッセージを送るには有料会員となる必要があります。

マッチドットコムの料金

  • スタンダードプラン…6ヶ月 14802円(2467円/一ヶ月あたり)
  • 3ヶ月 8379円(2793/一ヶ月あたり)
  • 1ヶ月 3980円
アメリカでは非常に有名なサイトになり、見事に成婚したカップル、結婚に至ったカップルの割合は約111%のようです。
日本国内での会員数は約190万人ですから安心して利用できる婚活サイトです

ブライダルネット

ブライダルネットは、上場企業の株式会社IBJが運営していて、長年の実績がある信頼度も高い日本最大級の婚活サイトです。
IBJは現在は海外にも進出しており、国内でも合コンセッティングの「Rush」であったりお見合い,婚活パーティーの「Party☆Party」も運営。
交際までの成立割合が多いことからここに登録すれば理想のお相手を見つけられるとネットでも評判の良いサイトです。

ブライダルネットの料金

  • 入会金:0円 月会費: 3,000円(税込)
  • 入会金:0円 年会費:30,000円(税込)
ブライダルネットなら初期費用たった3,000円!大手結婚相談所の10万円前後と比較すると30分の1以下!
ブライダルネットでは毎月13,000人以上のカップルが成立しています。
ブライダルネットでは、顔写真を掲載している方が全会員の70%以上。これが人気で安心の秘密です。
スタッフが写真を確認し、写りの悪い写真は撮り直しをしてもらっているようです。
こういう細かなところに配慮がなされているので退会率が低いようです。

ペアーズ(pairs)

婚活アプリのPairs(ペアーズ)は少しずつ浸透していっているようですね。
ちなみに女性利用者の平均年齢が28歳となっており、双方のfacebookを簡単に交換することが可能。
220万人が利用する国内最大級マッチングアプリ!
真剣にパートナーを探している20~30代が多数登録!

ペアーズ(pairs)の料金

  • 1ヶ月プラン…月額2980円
女性は全てのサービスが無料です!
ちなみに利用にはacebookのアカウント必要です。

ゼクシィ縁結び

マッチングサービスとしてリクルートが展開している婚活サイト。無料会員の場合は以下です。

  • 価値観診断
  • プロフィール閲覧
  • お相手に「いいね!」
  • 「いいね!」をくれた方とマッチングする
  • 非表示機能
  • 初回メッセージ1通のみ

ゼクシィ縁結びの料金

  • 1ヶ月プラン…月額4298円

男女共に有料設定というのは少しハードルが高い感じがします。
会員数もあまり伸びていないという噂もありますがリクルートなのでゼクシィの雑誌等で
これから利用者数は増えていくかもしれませんね。
ただサクラがいる確率は極めて低いと思われます。